欠陥マンションを避けるには

住宅性能表示制度

欠陥のないマンションを選ぶコツは。

平成21年10月以降に引き渡される新築住宅・マンションに関しては、 重大な欠陥が見つかった時には保険等の裏付けによって確実に建物の補修 をしてもらえることになりました。 しかしいくら補修してもらえるからといっても、自分が購入して生活する マンションには欠陥がないにこしたことがありません。 ですが有名であったり大手の建設会社であれば欠陥住宅はないかというと、 そうとは言い切れないため確実に欠陥住宅を避けることもできません。 欠陥のないマンションを選ぶコツとして有効な方法は、住宅性能表示制度を 利用しているマンションを購入することです。 住宅性能表示制度とは、全国統一の基準で住宅の品質を評価する制度です。 この制度には設計図の段階で審査を受ける設計住宅性能評価と、 設計図通りに建物がつくられているか審査を受ける建設住宅性能評価があります。 この2つの評価を受けているマンションでは、マンションの設計段階と 現場での工事が始まった建設段階で、第三者の専門家による厳しい審査を 受けることになります。 建設住宅性能評価を受けていないマンションでは現場で受ける審査回数は 2回程度なのに対して、建設住宅性能評価を受けているマンションでは 最低でも4回と、倍以上の検査を受けることになります。 審査を行うのも売主や施工会社とは全く関係のない第三者の専門機関なので、 審査結果に公平性と信頼性があります。 そのため工事ミスも発見されやすく、その分欠陥を防ぐことができます。 安心して購入できるマンションの目安として、この住宅性能表示制度を利用 しているかどうかを確認するとよいでしょう。 設計住宅性能評価と建設住宅性能評価の両方とも取得しているマンションなら、 一定の安心感を得ることができます。